-Event Report- ワカメができるまで。

-Event Report- ワカメができるまで。

神戸は海にも山にも恵まれた町。
普段は山の魅力や産物などの情報をお伝えしていますが、今回は”海”の産物の魅力を少しお届け。

三宮の東遊園地で、隔週土曜日の午前中に開催されている”FARMERS MARKET”。
神戸市内から農家さんがあつまり、新鮮なお野菜や朝ごはんが楽しめる、人気のマーケットです。
このFARMERS MARKETを開催しているEAT LOCAL KOBEさん主催のイベント『みんなでワカメを収穫しよう!』に、わたしたちFARM CIRCUSも参加してきました。
 
 

 
 
12月10日。
冬真っ盛りのこの時期に、ワカメの株付が行われます。今回私たちがお邪魔したのは須磨浦。
漁港につくと吹いている潮風が驚くほど冷たく、北区とは別の寒さがありました。
でも豚汁や七輪焼きなど温かい食べ物や、シラスなどの海産物が販売しており、あたたかく楽しい雰囲気でした。
 


 
 
 
魅力的な販売商品にも心を惹かれますが、いよいよメインのお楽しみ、ワカメ体験へ!
漁師さんからの説明を聞いて、最初にロープとワカメの株がたくさん入ったタッパーが渡されます。


 

 
 
 
作業はとっても簡単。ロープをねじって隙間を作り、株をはさみこんでいきます。


 
 

挟んだらこんな状態。
写真では分かり辛いですが、株は2センチ前後ととても小さいです。
 

 
 

すぐにコツをつかんで、作業スピードがだんだん速くなりました。 
この作業がシンプルなだけに楽しく、黙々と行うとおよそ10分ほどで終わりました。
この後、漁師さんが株のついたロープを海に戻してくださり、ワカメは成長を見守る段階へ。


 
 
 
株付けの作業が終わると、みんなで須磨海岸のゴミ拾い。中には、ゴミ捨て専用のトングを持参している強者も。
真冬の海は利用者も少ないしゴミも少ないのかと思いきや、たくさんのゴミが集まりすがすがしい気持ちになりました。
プログラムに組み込まれている意味を感じながら、この日は終了。
この小さな株がどれだけ大きくなっているのか、収穫の日が待ち遠しいです。
 

 
 
 
 
2月10日。
作付からちょうど2ヶ月。この日は待ちに待った収穫の日です。
本来ならもう少し大きくなるまで収穫しないそうなのですが、今回は早生の状態で収穫します。
さて、あの小さな株はどうなっているのでしょうか。
 
 
漁港につくと、引き上げられたワカメがすでに並べられていました。その光景は圧巻。
たった2センチほどだった株は、およそ100倍のサイズになっていました。


 
 
この日の体験は、育ったワカメを切り分けて行く作業。
引き上げられたワカメを、ワカメ、メカブ、茎ワカメにハサミで切り分けていきます。
 

 
 

さて、これ↓がなにかお分かりでしょうか? 


 
 
答えは”メカブ”です。
スーパーで販売されているメカブは細く切られているものが大半なので、こんな形をしていた事を初めて知って驚きました。
子供たちも「これなにー?」と興味津々。
とっても楽しそうに作業してくれていました。


 
 
 
みんなで頑張って切り分けたワカメは、クーラーボックスがいっぱいになって溢れるほどの量でした。
切り分けが終わったら、お待ちかねのわかめのしゃぶしゃぶです。
ザルに入れてさっと洗ったら、約5秒ほどさっと湯がきます。


 
 

ワカメはほんの1瞬で黒っぽい色から鮮やかな緑色に変化していきました。 
家で使うワカメは、だいたいが乾燥しているか、処理が施されているものがほとんどなので、1瞬で色が変わる感動はなかなか味わえません。
このワカメを、シンプルにぽん酢で頂きます。さらに、お野菜までサービスしてくださいました。
 
 
 

 
子供たちもおいしそうに食べていました。自分たちで収穫し事もあって、おいしさもひとしお。
そしておいしさの秘密はそれだけではありません。
今回は早い段階で収穫しているので、大きく育ててから販売している市販の物とは全く違い、とっても柔らかいんです。
 
 
 

 
FARM CIRCUSでもシーズンになると、農家さんと収穫体験を行います。
収穫体験をすると、これまでには知らなかった食材の魅力を知る事ができたり、その食材がより一層おいしく感じられ、”食の大切さ”を実感することができます。
私たちFARM CIRCUSも、これからも食のイベントを通じて体験や感動をお届けしたいと、改めて考えた貴重な体験になりました。

Share This Page

Related Post